IPLとSSCの脱毛器は何が違うのか

subpage01

サロンでは大きく分けてIPLとSSCという方式の脱毛器があります。お店により導入している機器の方式が違うので理解してから契約をするといいでしょう。

双方ともエステサロンで導入されていることに変わりはありません。


光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれるもので特殊な光を毛根に照射、そしてメラニンに反応して毛乳頭を破壊するシステムです。

IPLとSSCはどちらもフラッシュ脱毛に該当するものですが使用しているライトやジェルが違います。
キセノンランプを使っているIPLは正式名称IntensivePulseLightです。


シミやそばかすに効果のあるフォトフェイシャルとしても活用できるもので美白効果を得られます。


黒い色に反応するので毛のメラニンにも反応して熱ダメージを与えてくれる仕様です。

一方SSCはSmoothSkinControlの略で新開発された脱毛器となっています。


IPL同様に毛乳頭を刺激してダメージを与えるものですが、専用のジェルを塗りその上から光を照射するシステムです。

ジェルには除毛効果のある成分をカプセルの中に配合し、光を照射するとカプセルの膜が破れます。

これにより成分が毛穴に浸透していくのが特徴です。使っているランプはクリプトンライトと呼ばれるものでキセノンランプよりも痛みが少ないのが特徴となっています。


基本的にフラッシュ脱毛は産毛に効果があまりないと言われていますが、クリプトンライトなら効果的に処理できるメリットを持つので毛の薄い人におすすめの脱毛器です。